えほんミュージアム清里は国内外の絵本の原画を展示する絵本美術館です。

 1997年4月のオープン以来、開館期間を通して年に数回の企画展を開催し、魅力あふれる絵本の原画をご紹介しています。

 常設展は、イメージの魔術師と呼ばれるイギリスの絵本作家、エロール・ル・カインの作品です。

 ミュージアムを取り囲む自然の四季を感じながら、絵本の原画にふれ、作品との出会いを楽しんでいただければ幸いです。

■休館日(2020年8~10月)

​​

8月の休館日=なし

9月の休館日=1~4・8・15・23・29日 

10月の休館日=6・13・20・27日

※新型コロナウィルスに関する今後の情勢により臨時休館する場合があります。当HPで随時、お知らせいたします。

※開館時間などは「ご利用案内」ページをご覧ください

電話番号:0551-48-2220

住所:山梨県北杜市高根町清里3545-6079

facebookページはこちらから

■Information

世界のむかしばなし絵本原画展

​●企画展ご案内

(開催中)

世界のむかしばなし絵本原画展

2020年3月20日(金)~8月31日(月)

2018年1月に刊行が始まった「世界のむかしばなし絵本シリーズ」(BL出版)の第1期を飾る5人の画家が描く5つの絵本から、50点の原画を展覧します。

※詳しくはこちら

​(予告)

市原淳のPOPな世界
絵本からプロダクツまで

2020年9月5日(土)~11月16日(月)

絵本をはじめ、広告や書籍、雑貨や文具のイラストレーション、キャラクターデザインなど、さまざまな分野で活躍する絵本作家、イラストレーターの市原淳の展覧会。

※詳しくはこちら

●イベントのご案内

夏の夜の映画祭
コマ撮りアニメ フェスティバル
 ※中止

2020年8月15日(土)・16日(日) ※雨天中止

ぬいぐるみや人形などの被写体を、1コマごとに少しずつ動かして撮影する「コマ撮りアニメ」。 息を吹き込まれた主人公たちが活躍する全7作品を上映します。

※新型コロナウィルス感染が拡大傾向にあることを考慮し、中止となりました。
 

ハロウィーンイベント 「モルック」対抗戦&ピニャータ割り
10月31日(土) 13:30~15:30

※雨天の場合は中止、または内容を変更する場合があります

木の棒を使った北欧のスポーツ「モルック」の体験と試合形式の対抗戦(指導:伊東靖浩)。

モルック競技が終わった後は、お菓子が入った、紙でできた「ピニャータ」を割って遊びます。

料金:一般1,000円、小中学生500円
(えほんミュージアム清里入館料を含む)

 

お申し込みは、ご家族や友人のグループ(3~5名程度)で、メールまたはファクスにて、①代表者の方のお名前、②お電話番号、③人数(高校生以上、小中学生、小学生未満の各人数)をご記入のうえ、下記までお申し込みください(先着8組限定)。

(メール)info@ehonmuseum.com

(ファクス)0551-48-3488

●新型コロナウイルス感染予防および拡散防止対策につきまして


・咳、発熱など体調不良の症状がある方、気分がすぐれない方はご来館をお控えください。
また、そのような症状がある場合は入館をご遠慮ください。

・ご入館の際には、マスクの着用をお願いいたします。
マスクをお持ちでない方は咳エチケットをお守りください。

・入館口他、館内に消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。

・手洗い場所、トイレに液体石けんをご用意しておりますので、適宜ご使用ください。

・受付や会計をお待ちの際は、間隔を空けてお並びください。

・館内では人との間隔を保つようにようにお願いいたします。

・入場者が一定数を超えた場合には入場制限を行います。

・換気のため窓や扉を定期的に開放いたします。

・設備の定期的な消毒を行います。

・美術館スタッフはマスクを着用いたします。検温や体調確認を行います。

  • Wix Facebook page

© EHON MUSEUM KIYOSATO